静岡老人ホーム

静岡老人ホームの現在

トップページ > 静岡老人ホーム > 静岡老人ホームの現在

静岡老人ホームの現在

現在の静岡老人ホームは、養護老人ホームとして静岡市葵区吉津に立地しています。

名勝「木枯らしの森」から、わが国屈指の清流と云われる藁科川を遡行すること約2.5キロ、流れる水は清く、山は蒼く、唱歌「ふるさと」に詠われているような優しい風景の中で、入所されている皆さんは穏やかな日々を過ごされています。

 

静岡老人ホーム運営方針

  1 利用者の人権を尊重する。

  2 利用者個々に応じた福祉サービスを提供し、生活の質的向上を図る。

  3 利用者の健康維持と安全を図る。

  4 介護保険サービスの有効活用を図る。

  5 常に業務改善を図り、施設運営の効率化と安定化を図る。

  6 地域と共存共栄、地域に還元できる施設づくりをめざす。

       静岡老人ホーム職員は、それぞれの職場において運営方針に基づいた施策を講じています。


 



養護老人ホームの歴史と今*リンク先は全国老人福祉施設協議会様のページです。

 

わが国の養護老人ホームは、1929年(昭和4年)に制定された救護法(施行1932年)により設立された、老衰や貧困などの理由で生活が困難となった人などを対象とする「養老院」をルーツに持つといって良いでしょう。

戦後、社会保障に関する考え方が整理されていく中で、1946年(昭和21年)の旧生活保護法では「保護施設」、1950年(昭和25年)の生活保護法では「養老施設」となり、1963年の老人福祉法制定によって「養護老人ホーム」が誕生しました。


2006年の老人福祉法改正により、養護老人ホームの対象者は「環境及び経済的理由」で居宅養護を受けることができない人、となり、施設の目的は「高齢者の自立支援・社会的活動への復帰のための訓練及び援助」とされました。日々の生活に苦しまれるご高齢者の「セーフティネット」の一翼を担っています。





施設紹介



230214_316
居室(二人部屋)
230214_313
居室(一人部屋)
230214_342
食堂
230214_311
浴室


230214_312
医務室
藁科川土手からの静岡老人ホーム
藁科川土手からの静岡老人ホーム
周辺からの静岡老人ホーム
周辺からの静岡老人ホーム
正面玄関からの静岡老人ホーム
正面玄関からの静岡老人ホーム



施設1日の流れ

静岡老人ホーム1日の流れ



年間行事

静岡市救護所_春
雛祭り
お花見ウォーク
端午の節句


盆供養
七夕
みんなの夏まつり
静岡市救護所_夏


静岡市救護所_秋
敬老式典
運動会
バス旅行
寿司バイキング


クリスマス会
年越しとお正月
スイーツフェア
節分
静岡市救護所_冬



寿司③
令和4年度寿司バイキング
 ~メニュー~
   ・マグロ中トロ・マグロ赤身・サーモン
   ・エビ・いくら・穴子・玉子・茶碗蒸し


行事②
令和4年度クリスマス会
 ~メニュー~
 ・シーフードドリア・骨付きローストチキン
 ・サーモンのカルパッチョ・オニオンスープ
 ・イチゴのショートケーキ・シャンメリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

採用に関するお問い合わせ

採用に関するお問い合わせはこちらから